山田清掃Topics

~浄化槽復活作業・第1弾~

あっという間に1月も半ばに入りましたね。今日は15日で「イチゴの日」だそうです♪ 果物を食べて、ビタミンを摂取して風邪予防していきましょう

人と同じで、気温が下がることもあってか夏より冬の方がつまりや機械トラブルも多くなる傾向にあり、最近は連日お問い合わせを頂いております。

今回は、先日市内の某商業ビルにて起こった浄化槽の不具合を復旧作業の様子です。伺ってみると、ロータリーブロワーが故障により停止していました。

 

ロータリーブロワーは長寿命ですが、もちろんきちんとメンテナンスすることが大事です。 早速、新しいブロワーを設置していきます。今回はお客様と相談の上、コスト削減も考えてダイヤフラムブロワーへ変更しましたよ。

 

~既設ブロワーの撤去~

まずは、ブレーカーを落として作業開始です。散気管や電源を慎重に外していきます。

 

~新ブロワーの結線作業~

新ブロワーの電源に繋げます。もちろんこの後、防水処理もしていきます。

 

結線防水処理と散気接続作業も完了し、ばっ気状況を確認したら設置作業は完了です♪

 

~新旧ブロワー比較~

今回のケースでは、ダイヤフラムブロワーに変更してメンテナンスがしやすくはなりました。ですが、もちろんどのブロワーでも消耗部品の交換や清掃など定期的なメンテナンスは必要となってきます。

ブロワーが故障すれば、浄化槽も機能しなくなり、結果環境破壊にも繋がります。そのために、定期的な保守点検が義務付けられているんですね。

保守点検のご相談は随時受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいませ♪

LINEでのお問い合わせ

「山田清掃LINE公式アカウント」でも、お問い合わせいただけます。
「山田清掃LINE公式アカウント」を友だち登録いただいた上で、お問い合わせください。友だち登録は無料です。

友だち追加
友だち追加